お問い合わせ

京都府京都市伏見区産婦人科|伏見区無痛分娩|伏見区婦人科|伏見区里帰り出産|出産|分娩|伏見区子宮がん検診|伏見区更年期障害|麻酔科医|女医

無痛分娩

トップページ医師・診療案内館内のご案内教室のご案内地図・診療時間予約システム

〒612-8141
京都市伏見区向島二ノ丸町151-44

  • 診療案内
  • 産科
  • 無痛分娩
  • 婦人科
  • 教室
  • 無痛分娩教室
  • マザークラス
  • ファミリークラス
  • 栄養のお話
  • マタニティ・ヨガ教室
  • 「きずなづくり」について、中部院長にインタビュー

こちらのQRコードを読み取ってご覧ください。外出時やご来院時にお役立て頂けます。

  • ベビーマッサージ

ぜひご覧ください 

↓↓
  • Instagram
    Instagram
  • Facebook
    Facebook
トップページ»  無痛分娩

なかべの無痛分娩

ココロゆったり、お産を感じる

笑顔のお産は 笑顔の子育てに
もう一人産みたいと思えるお産
お産の痛みと不安を和らげる『無痛分娩』

笑顔で自分のちからでいきんで産む そんなお産があります

感動の瞬間を共に笑顔で
いつも寄り添い、見守りたい、そのための無痛分娩を目指しています


無痛分娩ってこわくない 無痛分娩ってなに?どうするの?
痛くないお産がいい
前回のお産が辛かった
赤ちゃんに会いたいけどお産が怖い
産後の体力を残したい
自分でいきんで産めるの?

そんな不安や希望をお持ちの方はお気軽に無痛分娩教室に
ご参加ください。

参加希望のかたはスタッフまで
当院に通院中のかたはもちろん他院に通院中のかたやご家族の参加も
お待ちしています

無痛分娩教室についてはこちら

麻酔科専門医 やまさきゆか

 

無痛分娩のメリット・デメリット

無痛分娩のメリット・デメリット

当院では安全第一の無痛分娩を行っております

  • 産科医・麻酔科医・助産師が協力体制でお産と麻酔を見守ります
  • 安全対策の一つとして当院では計画無痛分娩を行っています
  • 痛みが少なく かつお産にできるだけ影響の少ない麻酔を提供します
  • 麻酔による副作用を最小限にし合併症が起こらないように
    常に薬の効き目や安全性をチェックします
  • お母さんと赤ちゃんの状態を常にモニター管理しています
  • 緊急時の対応シュミレーションや勉強会を適宜おこなっています
  • 速やかに必要時は搬送できる地域連携をおこなっています

当院の無痛分娩の流れ

当院では、安全性の確保のためマンパワーの高い診療時間内のお産を心がけております。そのため健診での診察によりあらかじめお産の日を決めて入院していただく体制で対応させていただいております。緊急時はこの限りではありませんが、安全が確保できないと管理者が判断した場合は無痛分娩が提供できない場合があります。

朝8:001~11:00

入院 (初産のかたは前日入院の場合もあります。必要に応じて、子宮の出口を広げる小さい風船をいれます)LDR入室 点滴確保 赤ちゃんのモニター以降、絶食(飲み物はOK)

朝10:00~11:00

硬膜外カテーテル挿入陣痛促進剤の開始痛みを感じたら、麻酔薬の投与・痛みに応じてお薬の調節


当院の無痛分娩の流れ

無痛分娩件数

当院では、2014年より硬膜外麻酔を用いた無痛分娩を導入しております。
安心安全な無痛分娩を受けられるよう麻酔科専門医が麻酔を担当しています。

無痛分娩時の最終分娩方法

無痛分娩の経験をつんだ産婦人科医と助産師が分娩を管理し
安心して無痛分娩を受けられる体制を整えております。

無痛分娩教室のご案内

無痛分娩教室

[日時]
毎月 第1・3木曜 10時~11時
随時 日曜 9時~10時
※日曜開催につきましては、スタッフまでお尋ねください。
(日時変更の可能性があるため、ご確認をお願い致します。)

[対象]
無痛分娩を決めておられる方は、必ず受講して下さい。
無痛分娩を考え中の方も、受講して頂けます。
(ご家族の方の同伴可)

[持ち物]
特になし

講座内容
麻酔科医山﨑Drによる無痛分娩についての説明。
麻酔の方法や、無痛分娩での過ごし方など皆様からの質問に麻酔科医がお答え致します。

お申込み
診察時に、スタッフまでお申し出ください。

急なキャンセルやご予約の変更等ありましたら、平日午後2時~4時までにお電話ください。

各種教室には、当院駐車場はご利用いただけませんので、電車・バスなどの交通機関をご利用いただくか、「中部産婦人科第2駐車場」をご利用ください。

無痛分娩教室のご案内
【画像をクリックするとPDFが開きます】

PAGE TOP